今日のゲーム業界はオンラインゲームも活発化し1ジャンルとして日々盛り上がり自分もゲームをプレイ!…しようにもパソコンがゲームのスペックに対応しきれなくてカクカクしている、最悪プレイできないと言った事も珍しくありません。
そこで今回はゲーム専門のパソコン、ゲーミングPCを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを紹介です。

 

1「最低限必要な物達 」

ゲーミングPCを選ぶ上で最低でもこれらはチェックして欲しい物達です、これはゲーム以外にも転用出来るので覚えておいて損はないです
・CPU→ゲームに限らずパソコンを使用する上で必要な計算や処理を行うものでその要領が多いければ多い程スムーズに行え逆に少ないと処理落ちしてしまう、平均的ですが「8~16」GBあると安定してプレイ出来ます
・RAM→メモリとも呼ばれゲームをするのに必要な要領、多ければ多いほどプレイも出来ますが少ないとスペック不足でプレイすら出来ない事もある、こちらも8~16GBあると安心です
・GPU→画面に移す画力、多ければ多いほど綺麗さや動きのスムーズさに影響してくる
・HDD→ゲームに限らず情報を記憶する媒体、これよりも高価だが更に多く保存可能な「SDD」も存在する

 

2「ノートとデスクトップ、どちらがお勧めか?」

現在のパソコンはこの二種が主流だと思いますがゲーム重視ならデスクトップの方がオススメです。
その理由は「排熱性が高い」
パソコンをしている際触ったら一部分だけ熱くなっている現象を経験が有ると思います、それはパソコンでの作業処理をする際に生じた熱を放出させ熱暴走を防ぐ運動をしているからです。
ならそれを防ぎ易いのは比較的内部のスペースに余裕が有り通気性のあるデスクトップパソコンの方がオススメです。
勿論ノートパソコンも日々進化しており排熱性に優れたのも存在しますがオンラインゲームを外でもやるとかで無ければ極力デスクトップを選んだ方が快適に操作出来ます。
ですがデスクトップも上記のチェックポイントに目を配らないと処理落ちしかねないので注意は必要です。

 

3「BTOパソコンにも視野を入れてみる」

これはどちらかというとパソコンにも精通している人向けですがゲームでも役立つのでここでも記載します。
「Build To Order」、早い話が自分好みにカスタマイズ出来るパソコンで既に一通りの仕様で完成されている市販のパソコンに比べ自由が効きやすくCPUやメモリ等を増やしたりの注文でオンラインゲームに特化した仕様も作ることは可能です。
当然値段はそれなりに跳ね上がりますがそこは各店舗や業者毎に異なるので一度見積もりを取ってから導入検討してみてはいかがでしょう?

 

以上が簡単にですがチェックポイントをご紹介しました。
ゲーミングPCをわざわざ買わなくても市販のパソコンだけで充分じゃんという声もあるかと思いますが一つに入れてはゲーム以外にも仕事やその他の作業に要領や処理面で影響も出ないと言う保証もないので最初の単価は高いですがゲームはゲーム、それ以外はそれ以外と使うパソコンを分けた方が安全と思います。

 

ゼロから始めるゲーミングPC選び

ゼロ、といったからにはパソコンに関する知識がまったくなく、パソコン自体を購入したことがない、突き詰めればパソコンを使ったこともないという人に向けて、ゲーミングPCの選び方を紹介したいと思います。

 

ゲーミングPCを選ぶということは、例えばFF14だったりドラクエ10といったゲームに興味をもったり、やってみたいと思ったはずです。
やりたいと思ったゲームが出来ます、ゲームメーカーが認める推奨モデルですというものがあちこちで売られているので、知識を増やすことが面倒だったり、とにかく狙ったゲームが出来ればいいという場合は推奨モデルを選べば間違いなく狙ったゲームは出来ます。

 

推奨モデルはゲームメーカーのホームページでも紹介されていたり、パソコンショップや家電量販店のホームページでも紹介されていたり、店頭でも推奨モデルとして売り出されているはずです。

 

推奨モデルに絞ってもいくつかあって困ってしまった場合、シンプルに考えていきましょう。
価格が高い方がハイスペックであり、より良い環境でゲームが楽しめるものになります。
ハイスペックであれば同じ推奨モデルのものでもよりスムーズに、ストレスなく狙ったゲームが出来る上に、狙っていない他のゲームが出来る可能性も高まります。

 

推奨モデルだからといってそのゲームしか出来ないというわけではないですし、価格が高いものなら他のゲームも幅広く出来る能力があるパソコンだと思えばいいです。

 

もしも複数のゲームをやりたいと思っている、もしくは狙っているゲームはないけどこれからゲームをやりたいと漠然と思っている場合などは、CPUやメモリ、グラフィックボードなど、PCと部品、構成に関する知識を増やしていって自分に合ったPCを探しましょう。

 

面倒であれば近くにいるPCに詳しい人、または買おうと思った店のスタッフに狙ったゲームのすべてが出来る能力を有するゲーミングPCを聞くのが近道です。
この場合でもシンプルに考えていいです。
価格が高いものが能力が高く、いろいろなゲームができるPCになるということです。

 

欲しい能力を有していて、尚且つ価格もそこまで高くないというPCを自分だけでピンポイントに選ぶには、PCの部品構成を見るだけで大体分かるぐらいの知識が必要となるでしょう。