文字のみの雑談会話のみならず、ライブチャットにも対応してサービスの幅が一段と広がったチャットレディに対して、テレフォンレディはいまだ電話対応のみのシンプルな体制を貫き通します。

 

お金のためであっても顔出しは絶対にしたくないという女性には、カメラを使用しないテレフォンレディの仕事がおすすめです。

現在業界では専用のサイトに登録して、サイトにサービスを求める男性を紹介してもらいながら、テレフォンレディとしての仕事をこなすというのが一般的です。

 

簡単なプロフィールと音声メッセージをサイトにて公開し、待機時間を設定しておけば、男性から電話がかかってくるので、それに対応して仕事をします。

タイミングが良ければ待ち時間なく、ストレートに通話できることもあります。

 

顔が見えない分、男性は声からの情報を強く求めてきますので、相手からの質問に1つずつ丁寧に答えていきましょう。

明朗かつ柔らかに、意識して聞き取りやすい声を出すようにすると上手くいきます。

 

女性に話を聞いてもらいたくて電話をした、という男性もいれば、女性の話を聞きたくてサービスに電話を掛けた、という男性もいます。

相手の望みに応えることで、話も広がることでしょう。

 

男性がサービスを利用するために払う、1分いくらという金額の一部が、テレフォンレディの報酬になります。

通話している間は、タクシーのメーターのように報酬が増えていき、切られた時点で報酬もストップします。

 

切られてしまわないよう、相手の興味を引く話題を提供し続けることが大事です。